保育園や幼稚園に入園するために幼児教育が必要。

最近では早いうちに教育したほうがいいと言われています。理由は子供の脳は柔軟で飲み込みが早いからです。それに保育園や幼稚園も三年保育が当たり前になっているようです。三年保育といったら三歳からです。しかし、三歳からでも遅いと感じる人もいるようです。理由は保育園や幼稚園は義務教育ではないからです。要は子供を保育園や幼稚園に入れなくても六歳になったら小学校に入学できます。だったら、別に幼児教育なんてしなくてもいいと感じるわけです。しかし、小学校に上がる前に大抵の子がヒラガナ、カナカナが読めるようになっています。さらには簡単な漢字を読める子もいるわけです。結局、保育園や幼稚園によってどんな子に育つか決まってしまうみたいです。だからこそ、教育熱心な園はそれなりに競争率が高いので幼児教育を考えてみた方がいいのかもしれません。

子供の小学校前の幼児教育

今の時代、幼児教育は当たり前みたいな感じがあります。色んな教材があって保護者の方々も何が一番良いのか分からないのではないでしょうか。一番遊びたい年頃に勉強させるのですから、その子に合うものが良いですよね。幼児用の教材を見てみると楽しく学べるように明るい色使いをしてたりアニメのキャラクターが載ってたりと、勉強出来やすく嫌にならないように作っています。最初のうちは子供も楽しいかもしれませんが飽きやすい子供もいます。それぞれ子供の特徴に合わせた教材があれば良いのではないでしょうか。3歳児向けとかではなく車が好きな3歳児用とか公園が好きな3歳児用とか好きな物を使って勉強や躾が出来れば子供も飽きにくく、もっと楽しく遊びながら出来るのではないでしょうか。小さいうちから勉強は楽しいと覚えれば小学校に入った時に幼児教育の大切さが分かる気がします。

幼児教育の重要性に関して

以前テレビで特集されていましたが、受験対策の低年齢化が進んでいます。詰め込み教育に関しては批判もありますが、やはり若ければ記憶力は優れています。吸収出来るうちに吸収することは、非常に大きな意味があると感じています。近年は、幼児教育に力を入れる幼稚園や保育園が増えています。私立がほとんどですが、器械体操や英会話まで出来る姿に驚きます。まさにスーパー園児ですが、その表情を見ていると充実感が伝わってきます。大切なのは出来る出来ないではなく、チャレンジする姿勢ではないでしょうか。子どもだから無条件にストップをかける訳でなく、何にでも挑戦させる姿勢が素晴らしいです。日本人が外国人にコンプレックスを抱える理由に、英会話力があります。幼い頃から英語に親しむことで、英語に対する苦手意識もなくなります。まさに幼児教育の成果です。

幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 幼児教育をお考えなら伸芽会へ

Comments are closed.